神奈川

【横浜】さよなら横浜…上大岡の焼き鳥一鳥でひとり飲みデビュー★

お久しぶりです、ぴよ子です。
今まで横浜のことを中心に書いてきましたが、夫の転勤が決まり4月から北海道の札幌に住んでいます。

ブログをお休みしていた1か月で書きたいことがたくさん溜まっているので、これからまとめていきたいと思います。

横浜最後の日、どこ行く?

横浜生活最後の日、夫は会社の送別会で不在。
冷蔵庫もからっぽだったので、外に何か食べに行こうかな~と思っていました。

しかしいざ出かけようと思うと、最後に行っておきたいお店がたくさん!
かなり悩んだのですが、ちょっと飲みたい気分だったので、一人で居酒屋に行ってみることにしました。

行き先は上大岡駅東口から徒歩3分くらいの炭火焼鳥 一鳥(いっちょ) 上大岡店です。
ここはオープン時間からいつも混んでいて、予約をしないとなかなか入れません。

一度夫と行ったことがあったのですが、それから行けなかったので、思い切って一人で行ってみることに。
ひとり居酒屋デビューです、どきどき。

店内は混雑!

金曜日の18時頃にお店に行ったのですが、お店はすでに大混雑!
しかしカウンターが運よく1席だけあいていたので、そこに通してもらえました。

前に行ったときもそうだったのですが、この日も家族連れがちらほら。家族で来られる雰囲気の居酒屋です。

まずはお通し&おつまみ

座ってまずは生ビールを注文。
すると、お通しが。お通しは貝を煮たものでした。

程よい塩気でビールが進む~♡

そして焼き鳥が焼けるのを待つ間に食べようと、お豆腐を注文。
ぷるぷる豆腐?みたいな名前だったような。自家製って書いてあったような。記憶が曖昧です。

つるんとした食感とだし醤油の味がマッチして、おいしいです。
焼き鳥がくるまでゆっくり食べよう~と思っていたのに、すぐに完食。

色鮮やかで食感が楽しい鳥刺し

お豆腐を食べ終えるころに、鳥刺しがきました~

色鮮やかで、新鮮なんだろうな~という感じ。
店員さんからも「なるべく早くお召し上がりください」と注意が。

ささみ、レバー、ハツ、砂肝の盛り合わせをごま油、にんにく醤油、ワサビ醤油で食べます。
そういえばハツと砂肝の鳥刺しは初めてだったかもしれない。

どれもあっさりとした味わいながら、甘みがあって、手が止まりません。
そのおいしさに、焼き鳥への期待がますます高まります…!

絶妙な焼き加減の焼き鳥!正肉最高~

鳥刺しを食べていると、焼き鳥が。

まずはトマト巻でした。
トマトに巻かれたカリカリの豚バラ肉と、トマトの酸味(火が入っているので甘みもある)がマッチしています。

美味しいからっていそいで食べるとトマトの汁が口の中でぶしゃーってなるので要注意。笑

お次は待っていました、正肉
一鳥の正肉の焼き鳥が大好きです。

右下のゆず胡椒をつけながら食べます。
皮はカリカリだけど、お肉はジューシーで、脂がしたたる!絶妙な焼き加減です。

1本220円と少しお高いんだけど、これだけを食べ続けたくなるくらい、好きです。大好き。

正肉との別れのあとは、つくね

炭火の香りがするおいしいつくねです。
外はしっかり焼かれているけど硬すぎず、お肉のうまみがギュッとつまっています。贅沢。

こちらはレバー
ほどよく火が通っていて、もったりとした食感が美味しい。

そして、れんこんつくね
れんこんの食感とジューシーなお肉が合わさっていて、とてもおいしい。もう1本食べればよかったと悔やんでいます。

最後にぼんじり
噛むと脂がじゅわ~ってなって、幸せ。柚子胡椒でいただきました。

締めは鶏スープ!

もっと食べたかったけれど、お腹がいっぱい…お会計をお願いすると、鶏スープのサービスがありました。

何が入っていたのかはよく覚えていないのですが、出汁のきいた優しい味で、体が温まりました。
こういうサービス、嬉しいですね~

おわりに

焼き鳥激戦区の上大岡の中の、ハイレベルなおいしさのお店でした!
コスパがいいかというと微妙ですが、どの料理もとても丁寧に作られていて、満足です。

正肉とれんこんつくね、もう1本食べればよかった…とか、一品料理も頼んでみたかった…とか後悔もありますが、良い時間を過ごすことができました。

初めてのひとり居酒屋でしたが、自分の好きなものを好きなだけ食べられて幸せですね~笑
また行きたい!

関連ランキング:焼き鳥 | 上大岡駅

近くには洋食屋さんもあります★

あわせて読みたい
【横浜】上大岡駅すぐの洋食屋さん”ビストロ ラトゥール”で念願のランチ*この記事では上大岡にある洋食屋”ビストロラトゥール”について紹介しています。ランチメニューを写真入りでレポしているので、ぜひご覧ください!...